お盆期間8/11~15は配送休止です

シーマザーについて

臨床試験結果



試験は本態性高血圧症(遺伝性高血圧症)患者に対する血圧降下作用の効果の臨床調査を総合医科学研究所で行いました。
被験者は平均71.3歳、対象人数は20名です。
調査方法はシーマザー製品を8週間、1日2回(朝、夕)に服用し、血圧及び自覚症状の変化を検証するものです。


結果は下記グラフでもわかるように確実に効果が表れています。
最高血圧が167であったのに対し、8週間後には150.4となり、最低血圧89.7であったのに対し、8週間後には78.3と極めて有意な結果を得ることができました。


自覚症状では図の通り「頭痛」においては症状のあった7名中著効があった6名を含め全例において有効でした。
「頭重感」においても著効54%を含め有効以上77%と極めて高い改善率を示しました。
「めまい」では著効が50%、有効以上が75%を占め、高血圧症に起因する自覚症状も速やかに改善しているという結果が得らえれました。


本調査において、副作用症状や血液成分など血圧以外への影響はありませんでした。

N+情報室へのリンク

 

カレンダー
  • 今日
  • 定休日

ページトップへ